ソフトウェア工学研究室

総合情報メディアセンター, 愛媛大学
ソフトウェア工学研究室 > トップページ > 研究内容

研究テーマ

  【実証的ソフトウェア工学】

ソフトウェア工学は高品質なソフトウェアを効率的に開発するための学問分野です.
ソフトウェア工学の研究は多岐にわたりますが, 本研究室ではソフトウェア開発に関する実績データを解析し, データから見えることをソフトウェア開発へ活かすというのが主な研究テーマです. この種の研究分野を「実証的(エンピリカル)ソフトウェア工学」といいます.

【ソフトウェアメトリクス】

実証的ソフトウェア工学を研究する上で欠かせないのは実績データですが, そういったソフトウェア品質に関するデータは自然に集まるものではなく, さまざまな尺度や手順に従って測定・観測してはじめて得られるものがほとんどです. そういった尺度や測定法のことを「ソフトウェアメトリクス」といいます.

--> より詳しくは解説論文「 阿萬裕久,野中誠,水野修,``ソフトウェアメトリクスとデータ分析の基礎,'' コンピュータソフトウェア,vol.28, no.3,岩波書店,2011. 」をご覧下さい.

--> 愛媛大学 最先端研究紹介「infinity」にて紹介されました 「 データ解析に基づいたソフトウェアの品質管理 」 (※掲載当時,阿萬教員は工学部の所属)

キーワード

品質管理,ソフトウェアのバグ,評価・予測,統計解析,データ工学, システム工学

発表論文

> 論文一覧へ
  • Kazuki Yamauchi, Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa and Minoru Kawahara,
    ``Fault-Prone Source File Analysis Focusing on the Contribution Entropy in Open Source Development,''
    Proc. 2018 IEEE/ACIS 3rd International Conference on Big Data, Cloud Computing, Data Science & Engineering, pp.7--14, July 2018.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】
  • Hirohisa Aman, Takashi Nakano, Hideto Ogasawara and Minoru Kawahara,
    ``A Topic Model and Test History-Based Test Case Recommendation Method for Regression Testing,''
    Proc. 2018 IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation Workshops, pp.392--397, Apr. 2018.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】
  • Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa and Minoru Kawahara,
    ``A Survival Analysis of Source Files Modified by New Developers,''
    M. Felderer, D. M. Fernández, B. Turhan, M. Kalinowski, F. Sarro, D. Winkler (Eds.)
    Product-Focused Software Process Improvement, Lecture Notes in Computer Science, vol. 10611, pp.80--88, Springer, Cham, Switzerland, Nov. 2017.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】
  • Aji Ery Burhandenny, Hirohisa Aman and Minoru Kawahara,
    ``An Evaluation of Coding Violation Focusing on Change History and Authorship of Source File,''
    International Journal of Networked and Distributed Computing, vol.5, no.4, pp.211--220, Oct. 2017.
    【学術雑誌;査読付】
  • Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa and Minoru Kawahara,
    ``Empirical Study of Abnormalities in Local Variables of Change-Prone Java Methods,''
    Proc. 2017 IEEE 28th International Symposium on Software Reliability Engineering Workshops, pp.214--221, Oct. 2017.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】
  • Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa and Minoru Kawahara,
    ``Empirical Analysis of Words in Comments Written for Java Methods,''
    Proc. 2017 43rd Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA2017), pp.375--379, Aug. 2017.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】
  • Sho Suzuki, Hirohisa Aman, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa and Minoru Kawahara,
    ``An Application of the PageRank Algorithm to Commit Evaluation on Git Repository,''
    Proc. 2017 43rd Euromicro Conference on Software Engineering and Advanced Applications (SEAA2017), pp.380--383, Aug. 2017.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】
  • Aji Ery Burhandenny, Hirohisa Aman and Minoru Kawahara,
    ``Change-Prone Java Method Prediction by Focusing on Individual Differences in Comment Density,''
    IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E100-D, no.5, pp.1128--1131, May 2017.
    【学術雑誌;査読付】

  • Hirohisa Aman, Aji Ery Burhandenny, Sousuke Amasaki, Tomoyuki Yokogawa and Minoru Kawahara,
    ``A Health Index of Open Source Projects Focusing on Pareto Distribution of Developer's Contribution,''
    Proc. IEEE 8th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2017), pp.29--34, Mar. 2017.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】

  • Hirohisa Aman, Takashi Nakano, Hideto Ogasawara and Minoru Kawahara,
    ``A Test Case Recommendation Method Based on Morphological Analysis, Clustering and the Mahalanobis-Taguchi Method,''
    Proc. 10th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation Workshops, pp.29--35, Mar. 2017.
    [accepted version] 【国際会議;査読付】
... and more

研究用ツール(研究室で開発したもの)

LOCCounter
   ソースファイルの LOC を測定する. ディレクトリ単位での測定も可能である.

CommentCounter
   Java/C/C++ ソースファイルにおける各メソッド(関数)のコメント文をタイプごとにタブ区切り形式で出力する.

... and more

共同研究

岡山県立大学 天嵜聡介 先生岡山県立大学 横川智教 先生
   開発者間で個人差の出やすい特徴がソースコード品質へ及ぼす影響に関する実証的研究 ※科研費・基盤(C)

■ 関西大学 平田孝志 先生
   マルウェア感染の数理モデルに関する研究

表彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE) 貢献賞(2011年11月26日)
IWESEP2012 Best Presentation Award (2012年10月27日)
情報処理学会 山下記念研究賞 (2013年3月6日)
電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 研究奨励賞 (2013年5月9日)
■ 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2014 最優秀論文賞 (2014年9月2日)
■ 情報処理学会論文誌 特選論文 (2015年2月16日)
NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会 第 9 回善吾賞 (2016年3月9日)
日本信頼性学会 高木賞 (2016年5月23日)
情報処理学会 論文賞 (2016年6月3日)
■ IWESEP2017 Best Presentation Award (2017年3月13日)
■ BCD2017 Best Student Presenter Award (2017年7月9日)
電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 研究奨励賞 (2017年7月19日)
IEEE Computer Society Japan Chapter FOSE Young Researcher Award(2017年11月25日)

助成金等

■ 科研費・基盤(C)(2018〜2020): プロジェクトデータ資産を積極的に活用する工数見積もりモデルに関する研究
■ 科研費・基盤(C)(2016〜2018): 開発者間で個人差の出やすい特徴がソースコード品質へ及ぼす影響に関する実証的研究
■ 科研費・基盤(C)(2013〜2015): ソフトウェア品質に対してコメント文がもたらす功罪に関する実証的研究
■ 科研費・若手(B)(2010〜2012): オープンソースソフトウェアに対する品質指標とその予測法の開発
■ 科研費・基盤(C)(2007〜2009): 要求工学における品質評価指標の研究
■ 科研費・若手(B)(2007〜2008): オープンソース開発におけるソースコード安定性予測法の開発
■ 科研費・基盤(C)(2006〜2008): 組み込みシステムに対するソフト/ハード協調テスト法の開発
■ 科研費・若手(B)(2004〜2005): 定量的尺度を用いたソフトウェア変更量予測に関する研究
■ 研究助成・稲盛財団(2004): ソフトウェアサイズと保守コストとの関係に関する研究
■ 研究助成・栢森情報科学振興財団(2002): オブジェクト指向ソフトウェアの品質評価基準に関する研究
■ 受託研究・独立行政法人科学技術振興機構(2008): 直交表を用いたソフトウェアテスト工数削減法と支援ツールの開発
■ 受託研究・三菱総研/独立行政法人情報処理推進機構(2006): プロジェクト定量分析に関するテーマ型調査研究
■ 受託研究・財団法人えひめ産業振興財団(2004): WEB上で利用可能なソフトウェア品質管理支援システムの研究
■ 共同研究・東芝ソフトウェア技術センター(2012〜2017): 最適化手法に基づくテスト計画の研究
■ 共同研究・愛媛県工業技術センター/株式会社リバーテック(2002): ネットワーク対応 RISC 型マイコンコントローラーの開発